雨(水)に強いコードバンシューズをつくる

オールデンに代表されるコードバンシューズの弱点は、雨に弱いということでしょう。コードバンは水滴がつくとそこが水を吸って膨れてしまい、乾いた後も跡が残ってしまうことがあります。このため、毎朝天気予報をチェックしてから靴を選んでいるオールデンファンも多いようです。私も基本的には天気予報をチェックしてから靴を決めているのですが、雨が降りそうでもコードバンを履きたい時もあります。また、出張で長期に外出する際に、コードバンの靴を履いていくときなどは天気予報で雨の可能性をよみきることは困難です。

そこで、雨の日用コードバンを作るべく検討してみることにしました。


検証

最後にどの程度の防水性が確保できているか実験します。実際にアッパーの上に水を垂らしてみます。(雨のシミュレーションとなります。)
  

 

うまく水を弾けているように見えます。

 

ふき取った後の様子も上記のとおりで、痕はついていません。

コバも水を弾いているようです。

もちろん、この防水処理を行ったうえでも濡らさない方が良いことは間違いありません。あくまでも、比較的雨に強いコードバンシューズの作り方です。
サイトのトップへ戻る