建売で防カビ
(浴室換気扇タイマーの設置)

私が購入した建売の浴室には換気扇がついているのですが、残念ながらON/OFFスイッチしかついていませんでした。スイッチをOFFにするのは忘れてしまうことがありますし、就寝直前に入浴した場合は、朝まで回し続けるしかありません。これは不便なので早速、DIYミニ工事で解決です。

このDIYミニ工事も建売で防犯と同様に換気扇に手を入れることなく、スイッチの交換だけで完了します。例によって信頼のパナソニック電工の商品から選択します。
 

  楽天で換気扇タイマーを検索

工事はいたって簡単。「換気扇スイッチ・タイマスイッチ」を購入して、既存の既存の換気扇スイッチと交換するだけです。ドライバーのみで完了します。(既存のスイッチから電線を取り外す際にマイナスドライバーが必要です。)
詳細は電気スイッチの交換(共通編)をご参照ください。

最初についていたスイッチ。上が電灯、下が換気扇(タイマー機能無し) プレートをはずした状態 スイッチを交換。下がタイマー付スイッチ。 完成!

安全のためにメインブレーカーを下げて(切断して)実施します。(この工事を実施するには電気工事士の資格が必要です。知り合いの方に監督をお願いするか、近所の電気店に依頼しましょう。)

その後の再交換

最初に交換したのは機械式のタイマーでした。やはり、機械式(ぜんまい式)の寿命は短いようで6年経過時点でまれに途中で引っかかりファンがとまらなくなる症状がでるようになってしまいました。そこで、交換を考えパナソニック電工のカタログをみてみると、ロジカル式の製品が出ていたので交換しました。この製品は動作時間をダイヤルで設定しつつ、毎回の起動は下部のロジカルスイッチを押すのみです。再度、快適に使用できるようになりました。


サイトのトップへ戻る