ビルケンシュトックのワイズ

革のアッパーとコルクのインソールが心地よいドイツのサンダル、ビルケンシュトック。私も四季を通じて愛用しています。
ビルケンシュトックはサンダルにしては珍しく、ノーマルとナローの二種類のワイズが用意されています。

サイズ表記に以下の中抜きのロゴがあればノーマル、

以下の塗りつぶしの表記があればナローになります。

私の足は甲高なのでサイズ41のノーマルのボストンを履いていたのですが、

少し余裕がありすぎると感じるようになったので、41のナローのボストンを購入してみました。

実際に比べてみるとシルエットはかなり異なることが分かります。ナローのほうがシャープなシルエットとなっており、スマートな印象があります。履き心地はかなり異なります。ノーマルはルースフィットでしたが、ナローでは一気にタイトフィットとなりました。ジャストフィットは飛び越えている感じです。足の形にもよりますが、私の印象ではノーマルとナローではワンサイズ相当以上の差を感じます。具体的には41ナローより40ノーマルのほうが余裕があります。
私が愛用しているオールデン(革靴)では通常のDワイズと幅広のEワイズで、履き心地にこれほどの差を感じることは無く、また見た目のさもこれほどではありません。

  

購入の際は試着をお勧めします。他の靴における私のフィット感は以下を参考にご覧いただければと思います。

オールデン モディファイドラスト 8.5D (USサイズ) タイトフィット 他
ロイドフットウェア マスターロイド CURZON 9D (UKサイズ) ジャストフィット 
NEW BALANCE M576CDW 42 (ヨーロッパサイズ) ジャストフィット
PREMIATA WHITE LUCY  42 (ヨーロッパサイズ) ジャストフィット

サイトのトップへ戻る