ことの始まり

当初、私(管理人)は不動産にはまったく興味がありませんでした。私(管理人)にとって家は雨露をしのぐためのものであり、快適さを求めるものではな という感じ。ようは、家は寝られればよしということで した。

一方、嫁さんの方は住宅大好きで、ハウスメーカでの営業職をやっていたこともありました。大工職人の娘として生まれたさがなのでしょう。

こんな状態で、
私(管理人):家なんて要らない
嫁さん:家が欲しい
という状態が長く続きました。

住宅の購入のような大掛かりなイベントは、私(管理人)と妻の双方が同意しないと前に進まないもので、現状維持が続いていたのですが、ボウズが生まれて状況が変わりました。 現在の賃貸では手狭となり、ベビーカーの使用時にはエレベーター無しの4階という状況はかなり不便な状況となりました。かくして、重い腰を上げ、住宅探しを始めることとなりました。

サイトのトップへ戻る