ひかり電話でスカパー

 X 

私は建売住宅に入居するにあたり、以前住んでいた集合住宅で使用していたスカパーのチューナーとアンテナを設置しました。同時に、Bフレッツを導入し、電話はアナログ電話は引き込まずに「ひかり電話」にしました。ここで問題になるのは「ひかり電話でスカパーのPPV(ペイパービュー)は利用できるのか?」ということです。 私はスカパーではPPVを主に利用しているので、PPVが使えないとなると困ります。

スカパーのPPVでは視聴情報を電話回線を通じてセンターに送信する仕組みになっており、電話回線が無いと視聴することができません。家庭内LAN工事を実施する際に電話線も配線しているのでチューナに電話線を接続することはできるのですが、チューナーがどの電話番号に発信しているかが問題となります。

ひかり電話は通常のアナログ電話と同様の番号体系(東京23区内であれば03-xxxx-xxxx)が付与され、110番などの緊急通報が可能なサービスですが、アナログ電話からかけることができる全ての番号に 接続できるわけではありません。早速、実験してみます。実際に発信先電話番号を確認するためにはPPVを購入する必要があります。実験のために最も安いPPV番組を探してみると315円というものがありました (あくまで最安値のPPV番組を探したので、どのような番組かは聞かないでください) 。早速、電話線を接続してPPV番組を購入してみます。し・か・し、一向に電話をかけている様子がありません。いつも購入しているスポーツ中継ではすぐに電話をかけていたのに・・・・。

調べてみると、私のチューナーは以下の条件のいずれかに該当した際に、センターに電話を接続することが分かりました。

これは通信料金(センターへの通信は着信側に課金)を抑えるのと、センター側の設備を無駄に増やさないためだと思われます。私が普段購入していたスポーツ中継は比較的高額であったために、すぐにセンターに接続していたのですが、315円の番組の場合はすぐには電話をしないようです。そこで、電話線を抜いて数週間放置した後に、電話線を接続し リセットをてみました。すると、思ったと通りセンターに電話をかけ始めました(電話をかけていることはディスプレイの表示で確認できます)。この段階では正常に通信が終了したか分からないので、確認作業を実施します。ひかり電話の場合、全ての発信履歴はNTT東日本からレンタルしているVoIPルータに保存されるので、どの番号に発信していたのか確認することができます。

チューナーが発信している電話番号を見ると0053-xxxxxxでした。これはまずそうな番号です。ためしに、普通の電話から手動でかけて見ます。アナログ回線では音声でもデーターでも最終的に「音」として通信されるので、手動で電話をかけてみて「ピー、ガー」という電子音が聞こえれば通信が成立しており、聞こえなければ通信できていないことになります。

で、結果ですが予想通り「先頭が00で始まる番号にはおつなぎできません。」との音声アナウンスでした。0053はKDDIのフリーダイヤルの番号のようで、NTTのひかり電話の解説を確認しても接続不可になっています。このままではPPVを利用することができなくなってしまいます。

ネット上を調べてみると、スカパーのカスタマーセンターに対応をお願いして、発信先電話番号をひかり電話から接続可能な0120番号に変更してもらうことができたとの情報があったので、早速電話してみました。

以下に私とスカパーのサポートセンターとのやり取りを示します。

:「電話をアナログ電話からひかり電話に変更したので、チューナーの発信先を0120番号のフリーダイヤルにしてほしいのですが。」(単刀直入に)
サポートセンター:「電話会社の方からそのように言われたのですね。」
:「いや、そういうわけではないのですが・・・・・・」(しばし沈黙))
サポートセンター:「チューナーの機種名を教えていただけますか。
:「ソニーのDST-SP1です。」
サポートセンター:「分かりました。それでは電波を通じで電話番号を書き換えます。」
:「よろしくお願いしますっ!」(本当にできるんだ!!)

書き換えが完了したかどうかを直接確認する方法はないので、一時間ほど待って電話線を接続し、リセットボタンを押してVoIPルーターの発信履歴を確認したところ、まだ古い電話番号に発信していました。そこで、買い物に出かけて5時間後ぐらいに帰宅し再度電話線を接続し、リセットボタンを押しました。発信履歴を確認してみると、見事に0120-xxx-xxxに発信していました。これで、ひかり電話でスカパーのPPVを利用することができるようになりました。

以上の結果を考えると、全体の仕組みは以下のようになっていると思われます。

ネット上には「スカパーのチューナーは0570(ナビダイヤル)を利用している。」との記述を多く見かけますが、誤りだと思います。私の発信履歴はそのようになっていませんでしたし、0570は通話料無料ではないのでスカパーが公式に述べている「チューナーに電話回線を接続しても通信料金は発生しません。」の内容と矛盾します。地上デジタルやBSデジタルの双方向通信は0570(ナビダイヤル)だと思います。全国一律の通信料金となります。ひかり電話からの0570(ナビダイヤル)接続は 実現されましたが、スカパーのPPVには関係しません。

サイトのトップへ戻る