建売で放水防止

今回はほんとのミニ工事です。最近の建売の場合、洗濯機の設置スペースにある蛇口はワンタッチで洗濯機のホースを取り付けることができるものが付いています。(昔は、4方向からネジで締め付ける必要がある蛇口もありました。)

しかし、ワンタッチで洗濯機のホースが接続できる蛇口にも二種類存在しています。何らかの理由でホースが外れた場合に、自動的に水が止まるタイプととまらないタイプです。私が見た物件では、自動的に水が止まるタイプの蛇口を装備した物件は半分ぐらいでした。残念ながら我家の場合は下の写真のように止まらないタイプだったので、早速DIY ミニ工事でオートストッパーに交換です。

実際この蛇口を交換する前に一度大放水をやってしまいました。嫁さんがバスタオルを広げようとして振ったさいに蛇口にあたり、その衝撃でホースが外れ 大放水。水が苦手の木造住宅にはつらいところです。もっと早くすれば良かった・・・。

工事はいたって簡単、ストッパーつきのニップル(蛇口の先の部分)を購入して取り替えるだけです。今回は信頼の水系ブランドのカクダイの商品を購入。値段もほかのもに比べて低めでした。

念のため、水道メータのところにある大元のバルブをとじで取り替えます。モンキーレンチのみで施工可能です。

上の写真のようにできれば完成です。これで大放水の心配はする必要がなくなりました。

ちなみに、洗濯機メーカも大放水リスクは認識しているようで、うちの洗濯機の説明書には「事故を防ぐために、洗濯機を使用しないときは蛇口を閉めてください。」なんて書いてあったりします。そんなめんどくさいこと絶対できません!

サイトのトップへ戻る