Movie Cowboyで再生三昧

建売でデジタルテレビで書きましたがDIYミニ工事の末、我が家ではリビングのテレビの設置場所にLANが開通しました。そのころ知ったのがMovie Cowboy DC-MC35UL2です。もともと普通のハードディスクケースを購入しようと思い、例によってkakaku.comを見たところ、DC-MC35UL2が1位にランクされていたのが購入したきっかけです。

楽天でDC-MC35UL2を検索

kakaku.comではハードディスクケースに分類されているDC-MC35UL2ですが、メディアプレイヤーと位置づけ られます。内蔵したHDDやLAN上のNASに保存されている各種ファイルを再生することができます。
 

製造元のサイトによれば、以下のファイルを再生することができます。
AVI (DivXおよびXviD) / DIVX / WMV / TS / MPG / MPEG / M2P / ISO / IFO / VOB / MP3 / WMA / OGG / WAV / AAC / M4A
特筆すべきはDivX、WMV、ISOでしょう。DivXやWMVはその圧縮率の高さから、最近利用が増えてきています。実際、私もPCに搭載したアナログチューナーでWMVでテレビ番組を録画しています。また、ISOはDVDのイメージファイルでDVDからISOイメージを作成しておけばDC-MC35UL2で再生することができます。

DC-MC35UL2の優れている点はネットワーク上のNASに保存したファイルを再生できるということです。 ハードディスクはどうしても動作音が出てしますので、私はリビングではなく2階の部屋におきたいと考えていました。DC-MC35UL2なら2階のLANに接続したハードディスクに保存した様々な 音楽や映像をリビングにおいたDC-MC35UL2で再生することができます。DC-MC35UL2自体にはファンがついていないので、ハードディスクを内蔵しなければ完全に無音です。

さて、実際に使ってみた感想をまとめます。

以上、DC-MC35UL2を使用してみた感想をまとめました。「注意すべきところ」としてマイナス面を書きましたが、私はDC-MC35UL2はベストエフォート型商品だと思っているので、購入したことを全く後悔していません。むしろ、こんなに面白い商品は無いと考えています。ビジネス面から考えたベストエフォート型商品について別編にまとめています。

サイトのトップへ戻る