nasneでできること、できないこと

内蔵ハードディスクの不具合で発売が延期されていたnanseがようやく我が家にやってきました。早速、設置します。nasneの特徴的なところは録画機器でありながらテレビに接続する必要が無いというところです。その意味では、我が家で使っている玄箱HGアナログ録画装置、玄箱PRO地デジ録画装置と似た特性を持っていると言えます。この特徴の利点は設置場所を選ばないということでしょう。LANケーブルとアンテナケーブルさえ接続できれば家の中のどこに設置しても問題ないことになります。今回、nasneは外付けの2TBのHDDと共にルータを設置している一階と二階の間(二階の床下)に入れてしまうことにしました。

HDDはtorneの際も一部の機種で相性問題で正常に動作しないと報告があったので、よく考えて選ぶ必要があります。本当はユーザーのレポートを待つのが良いのですが、待ちきれないのでtorneで正常動作が報告されている 2.0TB HDC-EU2.0N (アイ・オー・データ機器)を選択しました。(結果として、問題なく動作しました。)

    アイオーデータ2TBを検索
作業をスムーズにするために作業の最初に必要なケーブルをnasne側に全て接続します。なお、アンテナの出力端子には今回は何も接続しないので、ダミー抵抗を取り付けます。
USB接続の2TBのディスクを接続して起動すると、PS3のトルネ(torne)から自動的に認識しました。ついで、Webインターフェースより最新のファームウェアにアップデートします。これで環境は整ったので、どの程度の使いごこちになるか検証します。



・ソニータブレットからの視聴
nasneへの最大の期待はソニータブレットから放送中の番組、録画済みの番組を視聴することです。実際に試してみると、ほぼ期待通りに動作しました。まれに、エラーメッセージが表示され、視聴が開始されなかったり途中でカクつく場合があります。これがネットワーク上の問題なのか、タブレットの処理能力の問題なのかはよく分かりませんでした。タブレットのIPアドレスをDHCP割り当てではなく、固定割り当てに変更したところ、安定しました。nasneはクライアントのIPアドレスが変更されたりした場合は挙動が不安定になるのかもしれません。

・REGZA 42Z2000からの視聴
我が家のREGZAは今となってはかなりの旧式ですが、DLNAクライアントの機能を備えています。nasneは保証はしないもののDLNAクライアントからの視聴をサポートしているので、検証します。その結果、無事録画番組を見ることができました。ただし、録画中の番組を視聴する「追っかけ再生」はできませんでした。別の番組を録画中であっても録画済みの番組を再生することはできました。ただし、録画時に3倍モードではなくDRモードで録画することが必要です。最近のREGZAであれば3倍モードにも対応しているようです。
この機能はなかなか便利です。現在は玄箱HGで構築しているアナログ録画装置を子供用の番組を録画するのに使用している(フレッツテレビのデジアナ変換利用)のですが、nasneに切り替えることにしました。もし、「nasneで録画した番組はPS3を起動しないと視聴できない。」のであれば、切り替えは断念していました。なぜなら、いちいちPS3を起動してメニューからtorneを起動するのは子供には複雑すぎるからです。予約情報を玄箱HGからnasneに手動移行し、2台ある玄箱HGのうち一つの電源を落としました。これはwebサーバーのバックアップとの役割があるので撤去はできませんが常時起動は取り止めとなりました。この玄箱HGは我が家のテレビ下の棚の中で空調無しで5年間、故障無く常時起動し続けました。玄箱HGと内蔵している日立のHDDのタフさには敬意を表したいと思います。

・PS3からの視聴
これは当たり前に視聴できましたが、我が家でのあまり使われない気がします。やはり、REGZAを外部入力に切り替えて、PS3の電源を入れ、メニューからtorneを選ぶのは面倒です。トルミル等の外部連携機能も特にニーズが無いので、PS3での視聴は今後頻繁には使用しない予定です。

・PCからの視聴
これは、PCで作業しながら視聴できるので、結構ニーズがあります。Windows7単体では視聴できず、クライアントソフトの導入が必要になります。ここは定番のDixim TV Plusを利用すべく、体験版をダウンロードし検証を試みたところ視聴可能なことが判明しました。しかも、操作性や安定性も良さそうです。早速ダウンロード購入しました。これは、3倍モードで録画したものも視聴できますし、現在放送中の番組も見ることができます。もう、PC本体にチューナーは不要です。

・iPad,iPod touchからの視聴
これについては現時点で、不可能な様なので諦めることとします。

いろいろと紆余曲折のあったnasneですが結構使えそうです。
楽天でnasneを検索
サイトのトップへ戻る