スカパー(パラボラアンテナ)と雪

東京でも稀に雪が降ることがあります。地上波放送である地デジは影響を受けることは少ないですが、パラボラアンテナを利用した衛星放送は映らなくなることがよくあります。原因はパラボラアンテナへの着雪です。実際、我が家のスカパーも以下に示すレベルの着雪で映らなくなってしまいます。
この程度の着雪で  受信不能です。

受信を普及させるのは簡単です。着雪した雪を払うだけです。完全に雪を除去する必要は無く以下の程度で復旧します。

この程度雪を除去すれば 受信可能になります。


なぜフレッツテレビの衛星放送が雪で受信不能になることがあるのか?

自宅に設置したパラボラアンテナの着雪で受信障害が発生するのは理解できますが、光ファイバーで伝送されているフレッツテレビ経由の衛星放送が降雪時に受信不能となるケースがあるのはなぜでしょうか?もちろん光ファイバーは雪の影響は受けません。(雪の重みで断線すれば別ですが・・・)

しかし、雪が降るとフレッツテレビ経由の衛星放送が受信不能になる場合があります。これはフレッツテレビにおいて、光ファイバーで伝送しているのは各家庭が収容されているNTTの設備と 家庭の間のみであるからです。つまり、各家庭の近傍のNTTの建物にパラボラアンテナを設置してそこで信号を受信して各家庭に光ファイバーで伝送しているのです。NTTの建物に設置しているパラボラアンテナに着雪すれば受信できなくなります。

復旧のタイミングを見ていると降雪が終わる前に復旧することが多いので、人力でアンテナの雪を払っているものと思われます。東京ではなく雪の多い地域については人力で雪を払うのではなく、融雪機能をアンテナに付加しているのかも しれません。降雪による受信障害発生時のフレッツテレビの復旧については各家庭できることは無く、NTT側の対応を待つほかありません。

サイトのトップへ戻る