知ってトクする?!断熱材の違いとはの画像

知ってトクする?!断熱材の違いとは

お役立ち情報

マイホームをご検討中の皆様、断熱材について調べたり、営業マンに聞いたことはありますか?
お家の中の快適さを大きく左右するのが断熱材で、お家探しにおいてとても大事な知識になります。

ということで本日は、知って得する断熱材の違いについてお伝えさせていただきます!

まず皆様、断熱材に様々な種類があるのはご存じでしょうか?
建売住宅でよく使われている断熱性2種をピックアップしてご紹介します!


【吹付発泡ウレタン】
■素材
吹付断熱の素材は発泡性ウレタンを使用して、液状の基材を霧状にして吹き付けることで
発泡・硬化させることで断熱効果を高めます

■メリット
①断熱・気密性・防音性・防湿性が高い
②施工品質にバラツキが少ない


■デメリット
①シロアリの被害を受けやすい
②耐火性がグラスウールと比べて劣る



【グラスウールの特徴】
■素材
グラスウールは繊維系の断熱材でガラス繊維の線状の素材になります。
壁の隙間に手作業で敷き詰めていくことで断熱材の施工を行います。

■メリット
①火災に強い
②経年劣化が少ない
③加工がしやすく、リフォームなどが行いやすい

■デメリット
①施工品質が施工者の技術によって異なる
②気密性を上げにくい




このように断熱材1つでも大きく特徴が異なります。
安定した施工品質を大切にしたい方は吹付発泡ウレタンがおすすめですが、
将来リフォームなどをお考えの方はグラスウールがおすすめです。

自分の価値観や将来の暮らし方などを考えながら、
楽しくマイホームを探していきましょう!

建売ナビには様々物件を掲載しています。LINEから気軽に不動産のプロのアドバイスを受けることもできるので、希望のエリアの物件を検索してみてはいかがでしょうか。

”お役立ち情報”おすすめ記事

  • 注文住宅を検討するなら要注意!住宅以外にかかるお金についての画像

    注文住宅を検討するなら要注意!住宅以外にかかるお金について

    お役立ち情報

  • 知ってく得する!住宅ローン返済方法の画像

    知ってく得する!住宅ローン返済方法

    お役立ち情報

  • 建売住宅選ぶなら完成物件・未完成物件どっちが良いの?の画像

    建売住宅選ぶなら完成物件・未完成物件どっちが良いの?

    お役立ち情報

  • 土地選びのコツ”3選”の画像

    土地選びのコツ”3選”

    お役立ち情報

もっと見る